海外生活での夏休み

こんにちは。Naokiです。

みなさんご存知かもしれませんが、海外の学校は長期休暇(夏休み・冬休み)が日本の学校に比べてかなり長いです。学生にとって「海外の学校生活のいいところ」を挙げるとしたら、「夏休みが長いところ」が間違いなくトップ10に入るでしょう。

それはさておき、学生のみなさんは毎年夏休みになにをしますか?
日本に親戚がいる海外の学生さんはご家族と一緒に一時帰国することが多いのではないでしょうか。
私の場合は、IBの必須項目の一つである、CAS(Creativity, Activity and Service)に時間を費やしていました。CASというのは簡単に言うとボランティア活動です。IBでは2年間で合計150時間以上のボランティア活動が求められます。

まずこの話を聞いたとき、「ボランティア活動ってなにをすればいいのだろう」というのが正直な感想でした。日本にいた頃にはボランティア活動をしたことが「近所のゴミ拾い」しかなく、なぜか「無賃労働」のようなネガティブなイメージばかり持っていました。しかし、「自分の好きなことで役に立てそうなこと」をしてみるとその考えは変わります。

そのことに気付くまでは、学校のバザーのお手伝いや図書館のお手伝いなどで地道に頑張っていましたが、どれも大してやりがいを感じられませんでした。自分の興味がないことに時間を費やすのは精神的にも厳しいものがありました。
そこで自分の関心があるものを考えているうちに、私は昔から子どもが大好きで、自分の小さい頃は学校の先生になりたい時期があったことを思い出しました。そこで、小学生だけが参加できる二泊三日のアウトドアキャンプのインストラクターを自分で探して応募し、夏休みの間にやってみることにしました。とても大変ではありましたが、やりがいに満ちていて、とても楽しい時間を過ごすことができました。

このような自分のやりたいボランティアは直前に探し始めてもなかなか見つかりません。あらかじめ余裕をもって探しておくことで、夏休みや一時帰国のタイミングに合わせてCASをこなすことができます。

CASを行う2年間は長いようで意外と短いです。夏休みなどに一気にこなすことを私はオススメします。また、「やりたくないけどやらなきゃいけないから適当にボランティア活動をする」のではなく、「やりたいことで誰かの役に立つボランティア活動をする」ことがCASの攻略法だと考えます。

あくまで個人の経験に基づくものですが、ぜひ参考にしていただければと思います。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大学生活
海外大学に進学してよかったことー7

As I mentioned earlier, I lived in a dorm for 1.5 …

大学生活
海外大学に進学してよかったことー6

To be very honest, my grades in my first year were …

大学生活
海外大学に進学してよかったことー5

I remember the first time I felt when I sat on the …

ツールバーへスキップ