学習院大学で英語は学べるの?インテンシブコース?

ごきげんよう、皆様いかがお過ごしでしょうか。今回は、私が通っている学習院大学の英語コースについてお話ししたいと思います。学習院大学といえば、皇族の方々が通われていることから有名な大学であると思いますが、学習院=英語というイメージはあまりお持ちではない方が多いと思います。英語教育で有名な大学といえば国際基督教大学、上智大学、立命館アジア太平洋大学などですよね。多くの帰国子女の学生は英語に特化した大学に出願していると思います。せっかく、インターナショナルスクールや現地で身につけた”英語力”を失うのはとっても勿体ないことだと思います。大学でも、多くの帰国生は英語力を維持したいという理由から、英語教育に特化した大学選びをするのではないでしょうか。

学習院大学には、あまり数多くの帰国子女はおりません。私の学部には、3人程度です。大学自体が小規模なので、あまり多くの学生を受け入れていないことも事実なのですが、私は”インターナショナルスクールのレベルでの英語を勉強したい”、”英語力を維持したい”と考えている帰国生の皆さんには、学習院大学で学ぶことをお勧め致します。学習院大学には、”英語インテンシブコース”というものがあります。それは、国際人として通用する英語の実践的な能力を養成するために特別に設けられているコースです。どの学部、生徒さんでも4月初めに行われる試験に合格すれば、履修することが可能です。試験はトイックなので、帰国生にとっては有利なのではないでしょうか。また、指定された単位数を履修すれば、「学習院大学インテンシブコース終了書」が貰えます。勿論、指定されている単位数全てを履修せずに、自分が履修したいクラスを自由に履修することも可能です。

インテンシブコースでは、言語・社会・政治・翻訳・文化…などを全て英語で学びます。勿論、教授はネイティブであり、生徒同士も英語で会話をしています。インターナショナルスクールそのものだと考えてしまってもいいと思うほど、帰国子女や留学経験のある生徒、そしてネイティブの生徒さんがたくさんいらっしゃいます。学部も学年もバラバラなので、いろいろな学部、学年の生徒さんと出会えます。また、海外生活が長く、なかなか日本の学校で馴染めない・友達ができない…という生徒さんにはとってもお勧めです。私自身もそうでしたが、インテンシブコースの授業が大学生活において一番楽しいです。インターナショナルスクールに戻ったような、なんだかとっても懐かしい気持ちになります。

上記のことから、学習院大学のインテンシブコースはとても良いプログラムであると思います。授業もとても少ない人数で行われるので、生徒同士は勿論、教授とも親しくなれるので、お勧めです。そして、大学でも英語を勉強し続けたい・英語力を維持したいという方には、とても良い環境が整っていると思います。

詳細は、大学のウェブサイトにてご確認ください。今回も読んでくださりありがとうございました。受験生の皆様のご健闘を心よりお祈り申し上げます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

学校生活
ホームステイで学んだこと

ごきげんよう、皆様いかがお過ごしでしょうか。最近ずっと受験に関する内容を書き続けていたので、今回は少 …

IB
IB最終試験に向けて…

こんにちは、いよいよ来月はIBの最終試験ですね。緊張されている方もたくさんいらっしゃると思います。今 …

学校生活
あせらずゆっくりと…

こんにちは。今回は帰国子女や留学生の人たちからよく聞く悩みについてお話ししたいと思います。英語や語学 …

ツールバーへスキップ