ホームステイで学んだこと

ごきげんよう、皆様いかがお過ごしでしょうか。最近ずっと受験に関する内容を書き続けていたので、今回は少し違うお話しをさせていただきます。私は、中学三年生(grade9)の時、アメリカ・ペンシルベニア州出身の家族のお家にホームステイしていました。今回は、実際の体験をもとに、彼らとの生活の中で学んだことや感想についてお話しさせていただきます。

私が一緒に暮らしていた家族は、ペンシルベニア州出身の私が通っている学校の先生でした。ホストファザーは、学校の事務の仕事を、そしてホストマザーは付属の幼稚園の教員でした。私は、私の姉と、ホストマザー・ファザー・そして彼らの末っ子の息子さんと5人で生活をしていました。ホストブラザーは、私より学年が1つ下で、家族でゲームをしたり外出したりと毎日がとても賑やかでした。

私のホストファミリーは、とっても親切な方々で私と姉を我が子のように慕ってくれました。私は全然英語が話せず、聞き取れない状態でホームステイし始めたのですが、一緒に生活していくうちに、いつのまにか英語を聞きとれるようになっていました。「英語が嫌で、逃げたくても逃げられない」という状況でしたので、英語に浸かっている生活だったと思います笑 学校ではもちろん英語、そして家に帰ってきても英語という環境はきついですが、そのような環境に追い込めば確実に身につくと実感しました。もちろん、留学先の留学生の集まる寮やアパートで生活するのも英語を習得する一つの良い方法であると思います。ですが、留学生とつるむ時間が多いと、英語の上達が遅れてしまう可能性が考えられます。他国の留学生と過ごすことは、互いに英語に自身がない者同士なので、失敗を恐れず安心して英語を話すことができるかもしれません。ですが、ネイティブの人と話すことが、確実に早く英語を上達できることに繋がると思います。時に、英語が嫌で逃げたいという感情にさらされたことがありましたが、その時は日本の音楽・Jポップなどを聞いて乗り越えていました。

ホームステイで良かったことは、学校の課題で分からないことがあれば、すぐにホストファミリーに相談することができたので、とても良い環境だったと思います。英語で何かを伝えることはとても難しいですが、ネイティブの人と毎日接することで表現の仕方や彼らがよく使う言葉についても多く学ぶことができました。また、発音についても、毎日毎日聞いていると、知らないうちに正しく発音できるようにもなっていました。数ヶ月すると、夢も英語で見るくらいになっていました。

言語を学ぶことは、互いに理解しあうということだと思います。私は、ホストファミリーが何を言っているのか分からない時は、辞書を使用しながら何回も聞き直していました。ホストファミリーも同じように、私が伝え方に苦戦しているときは、質問してくれたり、私が言いたそうなことを推測してくれたり、とにかく理解しようと努力してくれたことが、とても嬉しかったです。アメリカでは、自己主張をする人は評価される傾向にあります。間違えても、自身がなくても、とにかく自分で、自分のことを相手に伝えることが彼らとの生活を上手くやっていく上で大切だと思います。

もちろん、価値観の違いからお互いに理解できないことも少なからずありました。ですが、私はホームステイの経験から、多様性を受け入れることができるようになりました。自国以外の価値観や文化を受け入れることで、私自身の考えや価値観も変わり、広い視野で物事を考えられるようになりました。

私の中で、彼らと過ごした1年間は一生の思い出です。ホームステイを考えている人・悩んでいる人もたくさんいらっしゃると思いますが、はやく英語を習得したいと考えているならば、英語漬けの生活、ホームステイは一番良い方法だと思います。あくまで、私の意見ですが、参考にしていただけると嬉しいです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

受験準備
学習院大学で英語は学べるの?インテンシブコース?

ごきげんよう、皆様いかがお過ごしでしょうか。今回は、私が通っている学習院大学の英語コースについてお話 …

学校生活
新生活

こんにちは、Ericaです。 お久しぶりです。みなさんいかがお過ごしですか? グリックでは昨日懇親会 …

大学生活
UBCサマーキャンプ

こんにちは、Ericaです。 今回は、私が高校二年生の時に参加した、UBC(ブリティッシュコロンビア …

ツールバーへスキップ