自分に自信がない・他人と比べてしまう人へ

こんにちは、今回は私自身が人生で一番悩んだことについてお話ししたいと思います。私だけではなく、おそらく多くの人が他人と自分を比較して、落ち込んでしまうといった経験があるのではないでしょうか。

私には、一つ上の姉がいます。私と姉は、幼稚園から高校まで同じ学校に通っていたので、いつもお互いの顔を見ている環境でした。姉は努力家ですが、とにかく優秀で学業以外にも、得意なことがたくさんあるので、私はいつも周囲から比べられていました。特に学校では、「お姉さんはできてどうしてあなたはできないの?」このような言葉を教師から何度も言われ傷ついたこともありました。私自身、同じ親から生まれた姉妹であり、性別も同じ、年齢もたった一つしか変わらないのに、どうして私はこんなにできないのか、と自分を責めていることが多かったです。

しかし、大学受験を終えてから、受験のストレスから解放され時間にも、自分自身の気持ちにもゆとりを持つことができました。それは、もちろん第一志望の大学に合格することができたので、少し自信がついたからでもありますが、気持ちにゆとりができるようになったことで、自分自身を見つめ直すことができるようになったからです。他人と比べないための一番適切と言える方法は、明確ではありませんが、「自分の人生に集中すること」が一番だと思うようになりました。結局は、いくら他人をうらやましがったとしても、自分は自分でしかないし、他人と人生を交換することもできません。私には、勉強のできて優秀な姉が羨ましいですが、姉自身が自分の人生に対してどのような感情を抱いているのかはわかるはずありませんよね。彼女も私と同じように他人をうらやましく思っているかもしれませんし、自分自身と比べているかもしれないからです。

このように、考えていくと人は自分にないものを求めるということになります。結局は、「ないものねだり」ということになります。確かに、このような考え方をすれば、解決方法はないように思いがちですが、自分自身を変えることならできると思います。例えば、毎日努力を重ね、成績が上がったとすれば、それは自分の自信となり、成長できたということになります。John Lubbockという銀行家は次のような名言を残しています。「他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ」この名言を知った瞬間に、私の自分の人生に対する考え方が変わりました。

他人をうらやましく思うことは、キリがないだけでなく、自分の成長につながりません。なので、自分がいかに成長できるかに重視した生き方をするように私は心がけています。

最後に…これまで私が話してきた内容がここで矛盾してしまうかもしれませんが、他人に比較されている間は、自分が変われる・成長できるタイミングでもあると思います。私自身、姉と比較されていることから抜け出すために、自分の生き方を見つめ直すことができ、考えを改めることができました!辛い・負けたくないと思う気持ちが時に、自分を強くさせてもくれるものです。

”You do not have to be great to start, but you have to start to be great” -Zig Ziglar”

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Uncategorized
反抗期の子供には

こんにちは、Ericaです。 今まで高校生活や大学受験についての紹介ばかりをしてきたので、本日は中学 …

Uncategorized
新生活

お久しぶりです、Ericaです。 早いもので入学して約2ヶ月が経ち、大学生活にもすっかり慣れてきまし …

Uncategorized
帰国子女入試大学受験にむけて…

こんにちは、皆様いかがお過ごしでしょうか。今回は、私が大学受験にむけてしていたことをお話ししたいと思 …

ツールバーへスキップ