おすすめ 毎日の英語勉強方法

英語

こんにちは、Ericaです。

今回は、オススメの英語の勉強の仕方について紹介します。

 

1.リーディング

まず、リーディングのスキル向上方法としてはとにかく沢山読むことが大切です。そんなこと分かってるよという声が聞こえてきそうですが、沢山の文章を読むためにはポイントがあるんです。

それは、分からない単語が出てきてもとにかく読み進めるということです。意外とこれができていない人は沢山いると思います。実際、私も中学生までは英語の本や記事などを読む際、知らない単語にぶつかる度に毎回辞書を引いていて、次第に辞書を引くのに疲れ、読むのを断念してしまうというのがオチでした。なので、分からない単語にぶち当たってもとにかく読み進めていくことが量をこなす上でとても大切になってきます。

また、辞書に頼らなくなるので文脈から単語の意味を想像する力も尽きます。

 

とにかく沢山の英語の文章を読むことが大切だと述べましたが、なにも英字新聞や洋書を読んだ方がいいということではありません。新聞や本はある程度の文章量があるので英語力にあまり自信のない内は、文脈から内容を想像しながら読むということが難しいかもしれません。ですので、そういった方にはSNSで英語に触れるということをオススメします。具体的には、Holly Wood Newsなどの短い記事であったり、自分の好きな芸能人をSNSでフォローするなどです。毎日15分だけでもSNSで英語に触れていると、知らず知らず知らずの内に英文を読むことになれ、よりアカデミックで長い文章にも対応できる力を培うことがで来るはずです。

 

2.リスニング

リスニング力アップの方法として、私は二つの方法を提案します。まず一つ目は、海外映画を日本語字幕、英語字幕、字幕なしの三段階で鑑賞することです。これは英語習得方法としてはよく知られている王道の方法ですがとても効果があると思います。映画の中で理解できなかったシーンや、いいなと思うセリフや言い回しがあったら何回も巻き戻して、実際に発音を真似してみるとさらにいいと思います。また、今はYou Tubeなどで無料で英語の動画に簡単にアクセスすることができます。日本語字幕がついている動画もあったりするので利用してみて下さい。

 

二つ目は、ラジオなど教材の存在するものを利用した方法です。まず初めに通常のリスニング同様英語の音声を聞き、そのあと教材と同時に声に出して読み、そして最後にシャドーイングといって教材なしの状態でラジオの音声にそって声を出すということします。三回同じ文章を聞き、そして回数を追うごとに難易度を上げることで、リスニング力はもちろん、スピーキングの力もつくはずです。

 

このリスニング力向上の方法は、日常会話だけではなく、TOEFLのスピーキングの練習にも役立ちます。実際、私もTOEFLの勉強をしていたときにはこの方法をつかっていました。

 

是非試してみてくださいね。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

学校生活
ホームステイで学んだこと

ごきげんよう、皆様いかがお過ごしでしょうか。最近ずっと受験に関する内容を書き続けていたので、今回は少 …

学校生活
あせらずゆっくりと…

こんにちは。今回は帰国子女や留学生の人たちからよく聞く悩みについてお話ししたいと思います。英語や語学 …

英語
洋書は大学受験にも役立つ

こんにちは、Ericaです。   今回は、私が読んでよかったと思う、Breaking Ni …

ツールバーへスキップ