IBについての基本情報

IB

こんにちは、Miwaです。

今回はIBのコースってどんなものがあるの?誰が対象なの?など、その中身について具体的にお話ししようと思います。

IB(International Baccalaureate)は国際バカロレアと日本では呼ばれます。

実は日本でも受けようと思えば、対応校があるので可能です。文部科学省によると、平成29年の時点で国内に69校あるそうです。

しかし、この69校すべてが全学年に対応しているわけではありません。

というのも、IBは年齢と用途によって4つのプログラムに分けられています。

1.Primary Years Programme (PYP)

国内:22校

3歳から12歳を対象としたプログラムで、学びに対する自発性やソーシャルスキル・感情の発達をサポートする。

どのような言語でも実施可能

2.Middle Years Programme (MYP)

国内:14校

11歳から16歳を対象としたプログラムで、生徒のこれまでの学びが社会と関わりを持つことを学ぶ。DPやCPを受けるための準備段階。

どのような言語でも実施可能

3.Diploma Programme (DP)

国内:33校

16歳から19歳を対象としたプログラムで、深い学びを追求する。

原則として英語、フランス語、スペイン語で実施

所定のカリキュラムを2年間で履修後、試験を受けて合格すると国際的な大学入学資格を得られる

※特にDPの初年度はPre-IBと呼ばれる。

4.Career Programme (CP)

国内:対応校なし

16歳から19歳を対象としたプログラムで生涯のキャリア形成に役立つスキルを取得する。

一部科目は原則として英語、フランス語、スペイン語で実施

簡単にまとめるとこのような感じです。

 

また、全体としてIBは以下の目標を掲げています。

国際バカロレア(IB)は、多様な文化の理解と尊重の精神を通じて、より良い、より平和な世界を築くことに貢献する、探求心、知識、思いやりに富んだ若者の育成目的としています。

この目的のため、IBは、学校や政府、国際機関と協力しながら、チャレンジに満ちた国際教育プログラムと幻覚な評価の仕組みの開発に取り組んでいます。

IBのプログラムは、世界各地で学ぶ児童生徒に、人がもつ違いお違いとしえ理解し、自分と異なる考えの人々にもそれぞれの正しさがあり得ると認めることのできる人として、積極的に、そして共感する心をもって生涯にわたって学び続けるよう働きかけています。

IB Mission statement

これに加え、IBは学習者像を10の人物像として具体的に提示しています。

(IBの学習者像、http://www.ibo.org/globalassets/digital-tookit/brochures/what-is-an-ib-education-jp.pdfより抜粋)

 

以上がIBの全体像についてでした。

次回は私自身の経験も踏まえ、IBのDP(科目の種類、TOK/CAS/EEなど)について少し触れようと思います。

 

読んでいただき、ありがとうございます。

 

より詳細な情報を知りたい方はこちらのサイトを参照してください:

http://www.ibo.org/globalassets/digital-tookit/brochures/what-is-an-ib-education-jp.pdf

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAS
海外生活での夏休み

こんにちは。Naokiです。 みなさんご存知かもしれませんが、海外の学校は長期休暇(夏休み・冬休み) …

IB
早いうちに

はじめまして。Naokiです。 私は小学校の頃アメリカに2年半、高校の頃ドイツに4年間ほど住んでいま …

IB
IB最終試験に向けて…

こんにちは、いよいよ来月はIBの最終試験ですね。緊張されている方もたくさんいらっしゃると思います。今 …

ツールバーへスキップ