自分に合ったクラス

予備校生活

お久しぶりです、Naokiです。

高校を卒業してから日本で帰国生入試の対策のために予備校に通っていたのですが、生徒が150名程度もいたため、入って間もない頃に「クラス分けテスト」というものがありました。そこでは帰国生入試と同様に、英語と小論文のテストが課せられ、そのレベルによってクラスが分けられました。

私は帰国する前から小論文を教わっていたため、結果的には英語も小論文も上のクラスに入ることができました。正直なところ、「成績でクラス分けたところでそんなに変わらないでしょ、友達と同じクラスがよかったな」と思っていました。

そう思いながらしばらく予備校生活を送っているとあっという間に9月になり、私立大学の入試期間になりました。そこでいくつかの大学に合格し、次は年明けの国立大学の入試に向けて切り替えて勉強に励もうとしていました。私立大学受験後に予備校へ行くと、明らかに生徒の数は減っていました。実は6クラスあった中で上位2つのクラスの生徒以外のほとんどは私立大学入試で受験が終わった人たちでした。私の友達のほとんども志望していた私立大学に合格したため受験が終わっていました。

甘えたことであるのは承知ですが、周りの友達が受験を終えて遊んでいる中で、自分だけ勉強しているのは正直辛かったです。しかし、周りのクラスメイトの多くは私と同じように国立大学を志望していたため、そのような頑張っている人に囲まれて勉強できたことでその辛さは軽減されたように思います。もし自分が他のクラスにいたら国立大学の受験まできちんと頑張れていたかわかりません。もしかしたら友達と一緒に私立大学へ行っていたのかもしれません。そのとき初めて、友達と違うクラスでよかったなと思いました。

日本の高校生の受験期間と比べると帰国生受験などとても短く、一瞬で終わるだろうと思われがちですが、個人的な体感時間としては結構長かったです。それは自分が何校も受験したからかもしれません。その時間を友達と過ごすのも大事ではありますが、自分を高めてくれる人たちが周りにいることが、大学受験にとってはとても大事なことかもしれません。受験期ぐらいは友達と少々疎遠になってしまいますが、頑張って乗り切りましょう!

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大学生活
大学入学後の英語力、どうしよう。

こんにちは、Naokiです。海外に住んでいる学生のみなさんは、「日本の大学に入ってから英語を使う機会 …

CAS
海外生活での夏休み

こんにちは。Naokiです。 みなさんご存知かもしれませんが、海外の学校は長期休暇(夏休み・冬休み) …

IB
早いうちに

はじめまして。Naokiです。 私は小学校の頃アメリカに2年半、高校の頃ドイツに4年間ほど住んでいま …

ツールバーへスキップ