反抗期の子供には

こんにちは、Ericaです。

今まで高校生活や大学受験についての紹介ばかりをしてきたので、本日は中学校の時のお話しをしたいと思います。

中学校のメインイベントと言えば高校受験を思い浮かべる人も多いかと思いますが、私の中学時代の最も思い出に残っていることと言えば反抗期です。

私の反抗期は主に中学二年生から三年生頃だったと思います。ところで、自分自身でも反抗期というものはいつ始まるのかわからないものなのです。見分け方としては、朝丁度起きようとしていた時に、親に「起きなさい」と言われた時に、今まではなんとも思っていなかったのが、親に対して「うるさいな」と思うようになったらそれが反抗期の兆候です。

本題に戻り、私の反抗期の時の経験をお話しします。反抗期の時子供はとにかく親から指示されることを嫌がり、時には支持されるとむしろその逆のことをやりたくなってしまうものです。例えば、「遊んでないで勉強しろ」と言われるとむしろ勉強せずに遊びたくなってしまうのです。

私も中学二年生の一時期は、親から「勉強しろ」「宿題はやったの?」と聞かれると、「今ちょうどやろうと思っていたのに」と思ってどんどんやる気が損なわれていました。しかし、ある時から親が何も口を出さなくなり、私の勉強に向かう姿勢は変わりました。急に親から何も言われなくなると、確かに最初は自分も勉強をしないのですが、勉強せずに受けたテストのひどい結果を見て、自分の行動は自分で責任を取らなくてはいけにような気がしてきて、自然と勉強をするようになりました。

反抗期の子供を叱咤激励するのももちろん重要だと思いますが、時には何も言わずにそばでそっと見守っているくらいがちょうどいいのかもしれませんね。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Uncategorized
新生活

お久しぶりです、Ericaです。 早いもので入学して約2ヶ月が経ち、大学生活にもすっかり慣れてきまし …

Uncategorized
帰国子女入試大学受験にむけて…

こんにちは、皆様いかがお過ごしでしょうか。今回は、私が大学受験にむけてしていたことをお話ししたいと思 …

Uncategorized
自分に自信がない・他人と比べてしまう人へ

こんにちは、今回は私自身が人生で一番悩んだことについてお話ししたいと思います。私だけではなく、おそら …

ツールバーへスキップ