計画性を持って勉強をする方法

受験準備

こんにちは、Ericaです。

 

突然ですが、やらなければいけない課題を後回しにしてしまい提出日前日になって慌てて始めたり、まえもって勉強していなかったことによって定期テスト前日に徹夜しなくてはならなかったなんてことありませんか?

 

課題や定期テスト位ならまだ直前にあわててやっても間に合うかもしれません。しかし、受験となるとそうはいきませんよね。私は個人的に、計画性をもって勉強をすすめられたものが受験を制すると思っています。

 

ということで、今回は、私が実際に受験期間中やっていた計画性をもった受験勉強をするための三つの方法について話していきます。

 

まず一つ目の方法は、「自分の目標」「自分の現在の能力」「目標を達成するためにやらなくてはいけないこと」の三つを紙に大きく書くことです。

例えば、「自分の目標」:早稲田大学政治経済学部合格

    「現在の自分の能力」:英検準1級、TOEFL800点、模試合格判定 D

    「目標を達成するためにやらなくてはならないこと」:英検1級合格、

                             TOEFL900点

                             模試合格判定 A

                                 などです。

 

そして、その三つが書かれた紙を家の中の目に付くところ(例えば勉強机の目の壁やトイレの壁など」に貼ることです。毎日目にすることで自分の初心を忘れることなく勉強に励むことができるはずです。

 

自分の目標、現在の能力、やらなければいけないことが明確になったところで次は、「目標を達成するためにやらなくてはならないこと」のやることリストを一週間ごとに作ることです。例えば、英検1級に合格するためにでる順パス単を一週間で30ページやる。などです。

 

最後に、一週間の目標を達成するために一週間の予定表を作ります。その際、学校の休み時間や通学時間など10分、15分の空き時間の間も。休憩するのか、それとも単語帳で暗記をするのかなど、何をするのか決めておきます。

 

はじめから予定を作っておくことでそれに従えば計画的な勉強ができると思います。しかし、気をつけなければならないのが予定を詰めすぎないことです。なぜなら、予定通りにいかなくなるとやる気を失ったり、予定を無視する癖がついてしまうからです。自分の出来る範囲の予定を立てるか、それか一日は予定を立てずに、予定通りにいかなかったまだ残っている課題などをやる日を作るといいと思います。

 

是非、大きな目標を小さく分割して、計画を立て、コツコツ努力をして目標を成し遂げてください。応援しています。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAS
海外生活での夏休み

こんにちは。Naokiです。 みなさんご存知かもしれませんが、海外の学校は長期休暇(夏休み・冬休み) …

IB
早いうちに

はじめまして。Naokiです。 私は小学校の頃アメリカに2年半、高校の頃ドイツに4年間ほど住んでいま …

受験準備
学習院大学で英語は学べるの?インテンシブコース?

ごきげんよう、皆様いかがお過ごしでしょうか。今回は、私が通っている学習院大学の英語コースについてお話 …

ツールバーへスキップ