都立国際高校について

高校生活

はじめまして、Ericaです。

 

今回は私の通う都立国際高校についてお話しします。

 

都立国際高校は目黒区の駒場東大前にある、平成元年に創立され、都立高校で唯一国際科コースとIBコースが併設されている高校です。

 

IB生徒(1学年約20名)と一般生徒(1学年約220名)の授業は全て別れていますが、ホームルームは同じなのでIB生徒、一般生徒関係なく仲良くすることができ、部活、委員会、行事では一緒に楽しんでいます。

 

都立国際高校の生徒(通称 国際生)の生活を一言で表すと、ズバリ「毎日が異文化交流」です。

 

そもそも、都立国際高校には様々な入試制度があり、いろいろなバックグラウンドをもった生徒が通っています。

 

<入試制度>

4月生入試                                      9月生入試

1 一般推薦(約40名)               8 帰国子女 一般生 (約10 名)

2 一般学力(約100名)           9 帰国子女 IB生 (約5名)

3 在京外国人 (約25名)

4 帰国生日本人校 (約15名)

5 帰国生現地校 (約25名)

6 IB生 日本人 (約15名)

7 IB生 外国人 (約5名)

 

都立国際高校では純日本人の生徒や帰国子女、在京外国人生徒、そしてIB生徒など様々な生い立ちの人と学校生活を共にしているので、学校内で廊下を歩いていると日本語、英語のみならず、韓国語、中国語、スペイン語などが聞こえてきます。彼らと一緒に毎日の生活を共にすることで自然と様々な文化に触れることができます。

 

また、留学制度が整っているのも都立国際高校の魅力の一つです。

 

いつのタイミングで留学するのか、留学後元居た学年に戻るか、学年を一つ落とすか、または三年の夏に留学する場合はそのまま卒業するかどうかも本人次第で決めることができます。

 

ちなみに、私はカナダと日本のハーフですが生まれも育ちも日本のため、英語をもっと上達させたいという思いと、海外で生活し現地の学校に通いたいという思いのもと、高校1年生の8月から高校2年生の5月までアメリカのアリゾナ州に留学し、学年は元在籍していた学年に戻りました。

 

そして、国内大学進学だけではなく、海外大学進学のサポートも充実しています。

 

二年次からは必修科目の他に10単位まで選択科目をとることができるのですが、文系や理系、興味のある授業を選択することができ、海外大学進学に必要な授業を取ることもできます。

 

私の場合、高校二年生のときはまだ国内大学一般受験と海外大学受験で迷っていたので、国内大学の一般受験に必要な世界史の授業と、海外大学受験に必要なSAT (Scholastic Aptitude Test)の勉強をする授業を選択していました。

 

最後に、現在高校三年生の私にとって都立国際高校での高校生活も残り数ヶ月となりましたが、これまでの学校生活を振り返ると、都立国際高校では留学から委員会、部活、行事、ボランティアなど自分のチャレンジしてみたいことを何でも挑戦することができ、語学の面はもちろん人間性の面でもとても成長させられました。三年前この高校を受験することを決めて本当に良かったと思っています。

 

今回の記事で少しでも興味を持ってくださった方はぜひ桜陽祭(文化祭)や学校説明会などに参加してみてください。

 

9月 桜陽祭(文化祭)

10月 第二回授業公開

           第一回学校説明会

11月 第二回学校説明会

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ