上智大学などで実施される国際バカロレア入試

帰国枠大学受験

国際バカロレア入試という制度で日本の大学に入学できることに関して、かつての教え子の一人がIBディプロマを持っていること自体が高等教育への進学パスポートであるはずなのに、なぜその上にTOKレポートやEEレポートを提出しなければならないのか、意味が分からないとぼやいていました。

本当にその通りだと思います。苦労して英語でエッセイをまとめ、IBのフルディプロマをめでたく取得した後に、今度は日本語でEEのまとめをA4で2枚、TOKとCASのまとめをそれぞれA4で5枚で書かせるわけですから(2018年上智大学の場合)、ぼやきたくなるのも無理はありません。

国際バカロレアやAレベルを取得した人は、面接だけで受験できるというくらいがちょうどよいのかもしれませんね。みなさんはどう思われるでしょうか。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

予備校生活
自分に合ったクラス

お久しぶりです、Naokiです。 高校を卒業してから日本で帰国生入試の対策のために予備校に通っていた …

CAS
海外生活での夏休み

こんにちは。Naokiです。 みなさんご存知かもしれませんが、海外の学校は長期休暇(夏休み・冬休み) …

IB
早いうちに

はじめまして。Naokiです。 私は小学校の頃アメリカに2年半、高校の頃ドイツに4年間ほど住んでいま …

ツールバーへスキップ