上智大学などで実施される国際バカロレア入試

帰国枠大学受験

国際バカロレア入試という制度で日本の大学に入学できることに関して、かつての教え子の一人がIBディプロマを持っていること自体が高等教育への進学パスポートであるはずなのに、なぜその上にTOKレポートやEEレポートを提出しなければならないのか、意味が分からないとぼやいていました。

本当にその通りだと思います。苦労して英語でエッセイをまとめ、IBのフルディプロマをめでたく取得した後に、今度は日本語でEEのまとめをA4で2枚、TOKとCASのまとめをそれぞれA4で5枚で書かせるわけですから(2018年上智大学の場合)、ぼやきたくなるのも無理はありません。

国際バカロレアやAレベルを取得した人は、面接だけで受験できるというくらいがちょうどよいのかもしれませんね。みなさんはどう思われるでしょうか。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

受験準備
大学受験に向けた小論対策

ほとんどの大学受験で必要となる小論文の対策をどのように行なったかを今回は取り上げていきます。 小論文 …

受験準備
TOEFL iBT (3) – スピーキングとライティング

こんにちは!今回は残りの2セクションであるスピーキングとライティングの特徴と、解く際私が気をつけてい …

受験準備
TOEFL iBT (2) – リーディングとリスニング

こんにちは!今回は前回お話したTOEFL iBTの中の2分野についてより細かく説明したいと思います。 …

ツールバーへスキップ