東京大学外国学校卒業学生特別選考(第2種) 2019年度からTOEFL/IELTS提出

帰国枠大学受験

東京大学の外国学校卒業学生特別選考第2種(いわゆる帰国生入試)において、2019年度入試からTOEFLまたはIELTSの提出が必須となりました。

これまでは第1種(いわゆる外国学生入試)のみで必要だったものですが、第2種にも拡がってきたわけです。これはなにも英語圏からの帰国生を優遇するということではなく、第1種と第2種の受験生の境界線が曖昧になってきたという事態に対応するものだと考えます。

ですから、非英語圏からの帰国生もスコアを気にせずにTOEFLかIELSを受験するだけはしておくことを忘れずにおいてください。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

予備校生活
自分に合ったクラス

お久しぶりです、Naokiです。 高校を卒業してから日本で帰国生入試の対策のために予備校に通っていた …

CAS
海外生活での夏休み

こんにちは。Naokiです。 みなさんご存知かもしれませんが、海外の学校は長期休暇(夏休み・冬休み) …

IB
早いうちに

はじめまして。Naokiです。 私は小学校の頃アメリカに2年半、高校の頃ドイツに4年間ほど住んでいま …

ツールバーへスキップ